物販月商100万への道のり6 – 実際に仕入れてみる –

0306

前回実際に購入する商品も決まったので、

実際に仕入れてみましょう!

中国のタオバオで購入して、どうやって日本に送るのか…

 

これは発送代行会社を使うのが一般的です。

詳細の興味がある方は google で “中国発送代行会社”

等で検索してみてください。今ならたくさん検索にヒットします。

 

今回ラボメンは実際に中国にいってきました 笑

意識だけは高い系なのです

 

実際に現地に行った際に、通訳をやっていただける方がいて、今回はその方に発送代行を頼んでみました。

中国の現地市場での通訳をしていただける方は結構 発送代行をやっている方が多いので、対応できるか聞いてみるのもおすすめです。

 

発送代行会社さんでも問題ないのですが、送料や手数料が結構高めなのです

送料相場は1kg 約25元ぐらいかと思います。 発送代行会社さんの中には送料で利益を出している

方もおおいようなので、実際に利用される際はそのあたりを比較するといいかもしれません。

 

ラボメンはそこで2人中国人のパートナーさんを見つけたのですが、一人は連絡とれなくなってしまいました…..よくある話らしいです… ^^;

 

もう一人の方とは現在も続いています。しかもレスポンスが早く 日本人以上にマメなところもあって、

大変助かっています。

現在パートナーさんをお探しの方とか、現地仕入れ行ってみたいかたには、また紹介できる機会や現地レポなどもコンテンツ化しようかなと考えておりますので、お楽しみに

 

では実際に購入してみます。

購入したい商品のリストをパートナーさんにエクセルファイルで渡して完了です 笑

簡単です。

これで日本まで届けてくれます。

 

最初は中国から商品を日本まで届けるのはすごく大変だと感じていたのですが、

やってみると案外簡単で驚きました..

 

あとは商品の到着を待って… いざ販売です!

目指せ月商100万円

 

 

 

CTA

おすすめコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

CHUYA MIURA

普段は物販系のシステムの開発サポートや、中小規模のネット物販事業を行っている方や企業様向けに業務効率化支援サポートなどしています。システム開発経験 楽天 ヤフオク Amazon ヤフーショッピング BUYMA メルカリ などの作業効率かツールやシステムを開発してきました。個人でも物販をやってみて、物販ビジネスのどの部分が作業的に大変なのかを経験をいかして、現在はディレクションやコンサルティングサービスをしています。 物販関係のシステムを作成したい方にはご好評いただいております。物販システムを開発したい方に向けて、各プラットフォームのツール開発経験のあるプログラマーさんの紹介や、システム仕様書のサポートなどもしていますので、ご興味のあるかたはお気軽にご相談ください。物販経験 ネット物販のシステムを希望されるクライアントさんの気持ちを理解するため、2013年に個人でも物販をはじめました。 ヤフオク Amazon 楽天 などに出品して、月商100-300万になりました。1日に150件近くの出荷も経験し、それらの経験を元に現在サイトを運営しています。このサイトでブログをかいてくれている しんくんに昨年初めに中国仕入れを教えたところ、副業としては十分な結果がでたことを受け、初心者向けに情報を公開しています。ご興味あるかたはこちらへ連絡ください。(ご連絡の際は、ご用件も一緒にご連絡ください。)メール:sales☆fieroj.com(☆をアットマークに変えてください) Chatwork: Chuya-Miura