第三回 作りたいシステムより明確に 必要機能を紙に書き出そう

こんにちは三浦です。

本日は第三回になります。

 

テーマは “本当につくりたいシステムはどんなもの?“となります。

普段 僕がシステムを受託して開発するときは、クライアントから

希望がでなくなるまでヒアリングをします。

 

このボタンを押したら、どういう動作をしてほしい?

こういう機能があればもっと便利になりませんか?

この機能は本当にいりますか?

 

などなど

第三者に指摘してもらうことで、気づくことがいっぱいあります。

このようなシステム設計をヒアリングして、よりよいシステム設計をすることが

お仕事のWebディレクター職があるぐらいなので、

いかにシステムの設計が重要かがわかります。

 

個人的にも作成していて感じるのが、設計でシステムは8-9割ほど決まるということです。

想像上のイメージでシステムを作成しようとすると必ず失敗しますので、

ご注意ください。

 

予算もあまりかけれない方は、第三者にヒアリングをしてもらうのは厳しいですが

同じような効果のある方法があります。

 

それは…

 

必要な機能を紙に書き出してみることです。

紙に書いてみることで、自分のイメージをより明確にすることができます。

 

自分のイメージしてたシステムを設計して、

途中でぶれないように開発していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CTA

副業始めてみませんか。

元ホストのフリーターが月に60万円稼げるようになった、
ネット物販ビジネスとは?

スキル・経験なくても、小資金で始められるネットビジネスが無料で学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

CHUYA MIURA

普段は物販系のシステムの開発サポートや、中小規模のネット物販事業を行っている方や企業様向けに業務効率化支援サポートなどしています。システム開発経験 楽天 ヤフオク Amazon ヤフーショッピング BUYMA メルカリ などの作業効率かツールやシステムを開発してきました。個人でも物販をやってみて、物販ビジネスのどの部分が作業的に大変なのかを経験をいかして、現在はディレクションやコンサルティングサービスをしています。 物販関係のシステムを作成したい方にはご好評いただいております。物販システムを開発したい方に向けて、各プラットフォームのツール開発経験のあるプログラマーさんの紹介や、システム仕様書のサポートなどもしていますので、ご興味のあるかたはお気軽にご相談ください。物販経験 ネット物販のシステムを希望されるクライアントさんの気持ちを理解するため、2013年に個人でも物販をはじめました。 ヤフオク Amazon 楽天 などに出品して、月商100-300万になりました。1日に150件近くの出荷も経験し、それらの経験を元に現在サイトを運営しています。このサイトでブログをかいてくれている しんくんに昨年初めに中国仕入れを教えたところ、副業としては十分な結果がでたことを受け、初心者向けに情報を公開しています。ご興味あるかたはこちらへ連絡ください。(ご連絡の際は、ご用件も一緒にご連絡ください。)メール:sales☆fieroj.com(☆をアットマークに変えてください) Chatwork: Chuya-Miura