第五回 システム開発にかかるは費用どれくらい?? 人月って何? 2

0403-3

こんにちは

前回の記事に引き続き、今回もシステム開発にかかる費用と

予算の決め方を書いていこうと思います。

前回は個人プログラマーに依頼した際の見積もりの考え方を記載いたしました。

 

今回は開発会社(法人)に依頼する際の考え方になります。

(個人  法人どちらに依頼したほうがいいのかは、かなり難しい問題ですので、またブログに書きますね。)

法人Bに見積もりを出したところ、プログラマーAさんと同様に、3人月で90万円という

見積もりがでてきました。

 

あまり変わらないのか…と感じるかもしれないのですが、1点大きく違うことがあります。

社員が複数人いる会社の場合、社員数人で同時開発してくれることがあるのです。

下をみてください。

0403-3

見積もりは同じ金額なのですが、法人Bは2人同時に開発を行うということで、

納期が1.5ヶ月になると提示してきました。

 

これはシステムを開発したい側からするとすごくいいことです。

なぜこのようなことが起こるかというと、

人月という考えはあくまで、一人がシステムを制作するのに何ヶ月かかる

かという考え方だからです。

2人で1.5ヶ月開発すると、かかった時間だけ考えると、1人が3ヶ月開発したのと

同じになりますね。

 

このような点を理解していると、早く開発したいときは法人に

依頼をかけたほうがメリットがあることがわかりますね。

 

(法人の場合は人月あたりの金額が高くなる傾向にあるので、そのあたりも注意

していきたいところです。)

 

次回は開発の予算をきめようです。

 

CTA

副業始めてみませんか。

元ホストのフリーターが月に60万円稼げるようになった、
ネット物販ビジネスとは?

スキル・経験なくても、小資金で始められるネットビジネスが無料で学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

CHUYA MIURA

普段は物販系のシステムの開発サポートや、中小規模のネット物販事業を行っている方や企業様向けに業務効率化支援サポートなどしています。システム開発経験 楽天 ヤフオク Amazon ヤフーショッピング BUYMA メルカリ などの作業効率かツールやシステムを開発してきました。個人でも物販をやってみて、物販ビジネスのどの部分が作業的に大変なのかを経験をいかして、現在はディレクションやコンサルティングサービスをしています。 物販関係のシステムを作成したい方にはご好評いただいております。物販システムを開発したい方に向けて、各プラットフォームのツール開発経験のあるプログラマーさんの紹介や、システム仕様書のサポートなどもしていますので、ご興味のあるかたはお気軽にご相談ください。物販経験 ネット物販のシステムを希望されるクライアントさんの気持ちを理解するため、2013年に個人でも物販をはじめました。 ヤフオク Amazon 楽天 などに出品して、月商100-300万になりました。1日に150件近くの出荷も経験し、それらの経験を元に現在サイトを運営しています。このサイトでブログをかいてくれている しんくんに昨年初めに中国仕入れを教えたところ、副業としては十分な結果がでたことを受け、初心者向けに情報を公開しています。ご興味あるかたはこちらへ連絡ください。(ご連絡の際は、ご用件も一緒にご連絡ください。)メール:sales☆fieroj.com(☆をアットマークに変えてください) Chatwork: Chuya-Miura