第六回 システム開発にかけられる予算を決めよう!

こんにちは中居です。

 

今回のテーマは システム開発にかかる予算の決め方についてです。

 

プログラマーさんなどから見積もりが来たら、

”なるほど…このぐらいの金額か..思ったより高いけど仕方がないか”

という感じで、開発費用を決めている方いませんか?

 

これは時に本末転倒になることがあります。

 

そもそもなぜシステム・ツールが必要になったか考えてみてください。

現在ある作業を効率化したかったからだと思います。

そのためまずは作業にかかっているコストを計算する必要があり、それに沿って開発予算を決まることになります。

 

具体的にみてみましょう

現在アルバイトさん(外注さん)に1日2時間かけてエクセルの入力・編集作業を行ってもらっているとします。

時給はわかりやすいように1000円とすると、

1日あたりのコストは2000円になります。

 

この作業を自動化してくれるシステムを作成するとすると、

いくらぐらいの予算内で作ればいいかというと、こんな感じになります。

 

0404

システムを264,000円で作成できれば、

6ヶ月で元を取れる計算になります。

 

6ヶ月ではなく3ヶ月で元を取りたいということでしたら、制作費も変わってくることでしょう。

ただあまり安くシステムを作成すると、欠陥のあるシステムができる場合もよくあるので、

個人的には6ヶ月ぐらいでペイできる金額がいいのかなと感じています。

 

見積もりをもらう前にこれを踏まえておくと、

上のシステムの見積もりが60万円だった場合、アルバイト14ヶ月分相当になるので

他のプログラマーさんにも見積もりをお願いしたほうがよさそう

という流れになるかと思います。

 

今回はこんな感じです。

ぜひ作成したいシステムの予算を決めてみてください。

 

では 次回は実際に設計書をかいてみましょう!

 

 

 

CTA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年3月 ・物販を始める

5月 ・プロに教わるも赤字で二ヶ月でやめてしまう​

8月 ・自分で物販をやるが五ヶ月間赤字が続く​

12月 ・試行錯誤を繰り返し、10万円を稼げるようになる​

2014年1月 ・物販の生徒さん第一号ができる​

2月 ・生徒さん第一号の稼ぎはプラマイゼロ​ (生徒さん第一号は、現在毎月25万円ほど稼いでいる)

6月 ・15万円を稼げるようになる​  

7月 ・生徒さんが五人に増える​  
 
12月 ・20万円を稼げるようになる​

2015年1月 ・レベルを高めるため、物販の会社に就職​
   
12月 ・スキルを身に付け退社し、再び物販に力を入れる​

2016年10月 ・純利益66万円を稼ぐ

2017年10月 ・純利益74万円を稼ぐ