第四回 システム開発にかかる費用はどれくらい?? 人月って何?

こんにちは中居です。

第四回です。

今回のテーマは システムの開発にはどのくらいかかるの? です。

 

システムを開発する際のお見積もりは、ITの業界で働かれたことがない方にとっては

少々難しく感じる方が多いと思います。

よく システム開発は高い や開発費が不明瞭など、様々な噂を聞くことでしょう。

 

ただそのような誤解は、お見積もりの計算の方法を知らないことが大きな原因

のようにも感じられます。そのあたりを簡単に説明していきますね。

 

IT業界では人月という言葉がよく使われます。

初めて”人月”という言葉を聞く方もいるかと思いますので、まず言葉の意味から説明します。

 

人月とは以下の様に定義されています。

“人月とは「人数×月」を意味し、プロジェクトに投入する人員と、月で表した一人あたりのプロジェクト従事期間の積を表す。1人で1ヶ月かかる仕事の量が1人月である。10人で6ヶ月かかれば60人月、100人で半月かかれば50人月となる。by IT用語辞典”

なかなかわかりにくいです…

 

もう少し簡単に説明してみます。

システムの制作をプログラマーAさんに頼むことにしました。

プログラマーAさんは1人月30万円で仕事を受けますと主張しています。

 

Aさんを1ヶ月専属で雇った場合、30万円支払う必要がある という認識で大丈夫です。

0403

 

通常の雇用であれば1ヶ月雇って30万円をお支払いすれば、問題ないのですが、

あなたが作りたいシステムは1ヶ月で完成しないかもしれません。

もしくは制作に1ヶ月もかからないかもしれません。

 

そのような時に人月の考え方が便利です。

以下をみてください。

0403-2

わかりますでしょうか?

 

プログラマーAさんにシステム開発の見積もりを出してもらった際に、

Aさんが2週間でシステムを作れると見積もった場合は、1ヶ月の半分ですので15万円が見積もり金額として提示されます。

また

制作に3ヶ月かかると見積もった場合は、3ヶ月分の90万円が見積もりの金額になり

ます。

 

こちらはわかりましたでしょうか?

次回は システム会社(法人)に見積もりを依頼するケースについて書いてみます。

 

 

CTA

副業始めてみませんか。

元ホストのフリーターが月に60万円稼げるようになった、
ネット物販ビジネスとは?

スキル・経験なくても、小資金で始められるネットビジネスが無料で学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中居 慎也

2013年3月 ・物販を始める

5月 ・プロに教わるも赤字で二ヶ月でやめてしまう​

8月 ・自分で物販をやるが五ヶ月間赤字が続く​

12月 ・試行錯誤を繰り返し、10万円を稼げるようになる​

2014年1月 ・物販の生徒さん第一号ができる​

2月 ・生徒さん第一号の稼ぎはプラマイゼロ​ (生徒さん第一号は、現在毎月25万円ほど稼いでいる)

6月 ・15万円を稼げるようになる​  

7月 ・生徒さんが五人に増える​  
 
12月 ・20万円を稼げるようになる​

2015年1月 ・レベルを高めるため、物販の会社に就職​
   
12月 ・スキルを身に付け退社し、再び物販に力を入れる​

2016年10月 ・純利益66万円を稼ぐ

2017年10月 ・純利益74万円を稼ぐ