Amazonマーケットプレイスとは?出店のメリットとデメリット

Amazonメリット

Amazonのマーケットプレイスでは誰でも1品から世界最大のマーケットAmazonに出店して販売することができます。

家にある中古本を売りたい!という人から、ビジネスで何億円と販売する人まで様々な人が参加するのがAmazonマーケットプレイスです。その気になれば、今日からでもAmazonで簡単に出品ができてしまうのがAmazonの魅力です。

興味があるけれど、Amazonの仕組みがわからないという方も多いと思います。

今回はAmazonマーケットプレイスについてご紹介したいと思います。Amazonに出店するメリットとデメリットについてもご紹介します。

 Amazonマーケットプレイスって何?

Amazon出品

Amazonでショッピングをしたことがある人は多いと思います。本やDVDを買ったり、その他の日用品を買ったり、何でもそろっているし簡単に買えて便利ですよね。そんな、Amazonにはマーケットプレイスという、個人が1品から出品して販売できるシステムがあります。

ネットショップを開くとなると作るだけでも大変ですよね。さらに集客となると、個人でやるにはかなり気が遠い作業です。ヤフーショッピングや楽天などインターネットモールに参加する方法もありますが、手数料や審査などのハードルがあります。

Amazonマーケットプレイスは、それらのハードルや手間がすごく少なく簡単に出店をスタートできるのが最大の魅力です。

読み終わった本やDVDはブックオフなどに持って行くと、本当に微々たる金額にしかなりませんが、Amazonに出品すると物によっては定価を超えた金額で売れる場合もあります。このマーケットプレイスを利用して、お小遣い稼ぎをしたり、副業や本格的なビジネスをしたりしている人が日本中にたくさんいます。ある意味、一番始めやすいビジネスかもしれません。

Amazon出店のメリット

11

Amazonマーケットプレイスに出店するメリットは沢山ありますが、代表的なものをピックアップしてご紹介します。

出品が簡単で楽!

Amazonはなんと言っても出品が楽です。

ヤフオクも比較的に楽に個人で販売できますが、写真を撮ったり、その商品の説明を書いたり、送料についても説明したりしなければならなくて、結構面倒ですよね。その点、アマゾンは商品の写真と、商品説明、概要はすでに用意してくれていますし、送料も基本的には設定されていて個別に説明する必要もありません。

出品する際には商品の状態(新品・中古・非常に良いなど)を選んで、状態など簡単に記載して、価格を設定すれば出品ができちゃいます。特に新品は、似たような説明文をコピーして貼り付けするだけで、たくさん出品できるのでとても楽です。

これだけ出品が楽なので、パソコンにあまり詳しくない人も出店できます。ネットで販売をしてみたい人はまずAmazonから始めることをオススメします。

Amazonの桁違いの集客力

Amazonの市場規模

Amazonは日本で最大級のショッピングモールです。2014年には年間で7400億円も売れています。毎日20億円も売れている計算になります。そのAmazonに出品すると日本中のお客様が、あなたが出品している商品を見に来てくれます。自分では一切集客をしなくても、24時間ものすごい数のお客様をAmazonが集客してくれて、販売してくれます。

実際に出品してみたら感じていただけると思いますが、すごい勢いで売れます。私自身も、1日に同じ商品が100個売れたという経験もあります。良く売れる商品であれば、出品したその日に売れてしまうということもよくあります。

ニッチな商品も売れる

ニッチ市場

これだけの集客力があるので、個人商店では絶対売れないようなニッチな商品も売れるのもAmazonのすごいところです。国内全体でも月に100個も売れない商品でも、日本中の人が商品を探しに来てくれるので、販売できる可能性があります。事実、Amazonにはこういうニッチな商品がたくさんあります。

注文から発送も簡単でスムーズ

Amazonは出品だけじゃなく、販売後もとても楽でスムーズに行うことができます。

個別のやり取りが必要ない

ヤフオクの取引ナビのような販売後のやり取りは基本ありません。出品した商品に買い手がついたら、送り状と納品書が1枚になっているものを印刷して、梱包した商品に送り状部分を切り取って貼って送るだけです。あとは、出荷通知画面で発送方法と追跡番号を入力すると自動的に購入者に発送通知を送ってくれます。

また、FBA(フルフィルメントby Amazon)という発送代行システムを使えば、Amazonの倉庫に商品を預けておくだけで自動的に発送まで行ってくれるので忙しい人でも副業でたくさん稼げるのが魅力です。

代金はAmazonが回収してくれる

オークションなどでは手間になる代金のやりとりもAmazonが全てやってくれます。Amazonが購入者の支払いを確認したら、注文確定になり発送するシステム(代引きは除く)なので口座を伝えたり、入金確認するという手間がありません。

また、個人の口座を見知らぬ人に教えなくてもいいというのは、個人情報の観点からも安心です。Amazonが回収した代金は、後日まとめて口座に振り込んでくれるシステムです。
領収書もAmazon画面で購入者が自動発行できるので、その手間もかかりません。

Amazon出店のデメリット

13

ここまで、Amazon出店のメリットをご紹介しましたが、Amazon出店のデメリットもあります。

手数料が高い

手数料はヤフオクなどに比べてかなり高いです。商品や価格にもよりますが、販売価格の2~3割程度の手数料がかかります。ヤフオクの場合、10%以下なのでこの差は大きいですね。不用品を販売する場合はそれほど気にならないと思いますが、ビジネスで出品する場合はある程度の粗利を確保して仕入れる必要があります。

価格競争が起きやすい

Amazonはどうしても価格競争が激しいのも大きなデメリットのひとつです。商品ごとのページに、その商品を出品している全ての人の価格と状態が並んで掲載されるため、価格で比較されてしまうことが多いからです。

評価もありますがヤフオクほど重要視されていないですし、ヤフオクのように送料無料や、セット販売、おまけなど戦略も立てにくいので、最終的には価格競争になってしまう面があります。

リピーターを作るのが難しい

ショップのファンを作ったり、リピーターを獲得するという点でもAmazonは難しい面があります。Amazonで購入している人でも、個人が出品していてAmazonから買っていることに気付いていない人すらいます。

ヤフオクのような個人から買うというより、Amazonで買うという意識が強いのがAmazonの特徴です。そのような理由もあってか、評価も購入者のごく一部しかつけてくれないのが実情です。

買い物の際は商品を検索して買う人が多く、出品者から商品を選ぶという導線ができていないのでリピーター獲得は至難の業です。Amazonで販売する場合は、リピーター獲得よりも、その商品の多くの出品者の中で、どうしたら差別化できるか、選んでもらえるかを考えるほうが効率的かもしれません。

Amazon出店のメリットは大きい

Amazon出店のメリットとデメリットをご紹介しました。Amazonはとても手軽にネット販売が始められて、集客もしてくれるので個人が少ない在庫でたくさん売ることができます。

一方で、手数料や価格競争などのデメリットもあるのも事実です。でも、このデメリットを差し引いても、Amazonの出品の楽さや、販売力はかなり魅力的です。

個人でたくさん販売したいと思ったら、Amazonマーケットプレイスは是非利用したいサービスです。ヤフオクなどとも併用しながら、メリットとデメリットを理解したうえでAmazonを最大限に活用することをオススメします。

CTA

おすすめコンテンツ