ヤフオク初心者必見!高く落札されるタイトルのつけ方

ヤフオクタイトル決め方画像

人気がある商品のはずなのに、ヤフオクでなぜかアクセス数 が集まらなかったという経験ありませんか?

その原因はあなたがつけた商品のタイトルにある可能性が高いです。

ヤフオクでアクセスされるかどうかは、商品のタイトルで決まるといっても 過言ではありません。アクセス数が増えると結果的に落札価格もあがっていくので、 タイトルはかなり重要な項目となってきます。

今回はアクセスを呼び込むタイトルのつけ方を紹介しますので、 是非真似してみてください。きっとアクセス数の増加、落札価格の上昇を感じられるようになるでしょう。

1: どんなタイトルの商品が売れているか確認しよう

1-1: オークファンで検索

最初に売りたい商品の落札履歴を見てみましょう。そこにタイトルを決めるためのヒントが隠されています。

買うときも売るときも オークファンにアクセスして、売りたい商品を検索してみましょう。

1-2: タイトルに検索されやすいキーワードを入れよう

今回はMacBook Air 13inchで検索してみました。結果はこんな感じです。

オークファンサーチ結果

 

落札されている商品はみんな似たような名前になっています。今回のMacBookAirの場合すこし細かく分けていくと、

MacBook Air + 画面サイズ + コンディション・販売時期・CPU性能(パソコン性能)・正式型番などが

タイトルに入っているのがわかるかと思います。このように落札したい人が検索するであろうキーワードを商品タイトルに盛り込んでいくことが重要です。

1-3: 上級者向け : さらに検索されやすいキーワードを見つける

1-2の方法で商品タイトルを決めると、基本的に相場以上で落札されることが可能ですが、より高く 落札されたい方にはこちらの方法もオススメです。

Google AdWords キーワード プランナーというツールを使ってよく検索されているキーワードを見つけるのです。

Google AdWords キーワード プランナーとは、googleで検索されたキーワードの検索数をまとめてみることができるツールです。ヤフオク内での検索数とは異なりますが、googleで多く検索されているキーワードはヤフオクでも多く検索される傾向があるので、参考になります。

例えば、 nike スニーカー と ナイキ スニーカーどちらが多く検索されると思いますか?

ナイキオークファン検索画面

この結果だと

ナイキ スニーカーの方が月間110,000アクセスあるので人気のキーワードになりそうですね。

ヤフオクのタイトルは30文字しか入らないので、より人気のあるキーワードを入れましょう。

もちろん文字数に余裕があるときは ナイキ Nike スニーカーのように全てタイトルに入れることをオススメします。

2: タイトルで損している実例

 先ほど1-2の画像で、タイトルで非常に損をしている出品があったのですが、気づきましたでしょうか?

ヤフオク出品タイトルで損する

 この2つ目の出品になるのですが、

他の出品と異なり、 MacBook Air(11-inch , mid 2013)だけのタイトルとなっています。

ヤフオクのタイトル上限は30文字ですが、こちらは16文字(英語は2文字で全角1文字です)になっているので、あと14文字も入ります。

今までの経験上相場的にも10-15%ほど安く落札されてしまう可能性もあるので、タイトルはできる限り30文字に近づけ、しっかりとキーワードを入れていきましょう。

3: 高く落札される理想的タイトルのつけ方

ここまでの流れでタイトルに入れるキーワードの見つけ方はわかったかと思いますので、

最後に具体的にタイトルを作ってみましょう。

STEP1: その商品の説明を入れる

パソコンなら、本体の名前・性能・型番を入れてみましょう。

財布であれば、ブランド名・本革レザー・長財布 など その商品を欲しがっている人が検索しそうな、キーワードを盛り込んでいきます。

STEP2: 限定性など魅了を入れる

初回限定版  世界限定500個  サイン付き など限定性がある場合は必ずタイトルに入れましょう。確実に落札価格があがってきます。

1円出品の場合は 1円〜などと入れるのも効果的です。

落札者が購入したくなるようなキーワードを入れるのがポイントです。

STEP2: 30文字以内に整える

全部盛り込むと30文字を超えるので、すこしづつ削っていってタイトルを決めましょう。

これで完成です。

まとめ

以上がヤフオクでのタイトルの決め方になります。

このやり方でやれば、相場以上の価格で落札されます。

タイトルをこの通り決めているのに、相場まで価格が上がらない時は、商品画像や商品文章に原因があります

ので別の記事を参考にして改善していきましょう。

CTA

おすすめコンテンツ

2 件のコメント

  • こんにちは、馬です。ネットショップについて相談があります。連絡方法は教えていただきたいです。よろしくお願いします。

    • こんにちは。ご返信遅れましてすみません。ご連絡いただいたメールアドレス宛にご返信いたしましたので、ご確認ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    CHUYA MIURA

    普段は物販系のシステムの開発サポートや、中小規模のネット物販事業を行っている方や企業様向けに業務効率化支援サポートなどしています。システム開発経験 楽天 ヤフオク Amazon ヤフーショッピング BUYMA メルカリ などの作業効率かツールやシステムを開発してきました。個人でも物販をやってみて、物販ビジネスのどの部分が作業的に大変なのかを経験をいかして、現在はディレクションやコンサルティングサービスをしています。 物販関係のシステムを作成したい方にはご好評いただいております。物販システムを開発したい方に向けて、各プラットフォームのツール開発経験のあるプログラマーさんの紹介や、システム仕様書のサポートなどもしていますので、ご興味のあるかたはお気軽にご相談ください。物販経験 ネット物販のシステムを希望されるクライアントさんの気持ちを理解するため、2013年に個人でも物販をはじめました。 ヤフオク Amazon 楽天 などに出品して、月商100-300万になりました。1日に150件近くの出荷も経験し、それらの経験を元に現在サイトを運営しています。このサイトでブログをかいてくれている しんくんに昨年初めに中国仕入れを教えたところ、副業としては十分な結果がでたことを受け、初心者向けに情報を公開しています。ご興味あるかたはこちらへ連絡ください。(ご連絡の際は、ご用件も一緒にご連絡ください。)メール:sales☆fieroj.com(☆をアットマークに変えてください) Chatwork: Chuya-Miura