3ステップ ヤフオク 高く落札される出品カテゴリの決め方

オークションカテゴリ検索画面

ヤフオクで商品を出品する際、なんとなく出品カテゴリを選んだ経験はありませんでしょうか?

これは非常にもったいないことです。出品カテゴリを誤って出品すると、落札価格が下がるだけでなく最悪落札されないケースも発生します。しかし自分で出品カテゴリを考えてもあまりピンとこない…

このようなお悩みはたった数分で解決できます!

その方法とは、過去に出品されている商品の出品カテゴリと同じもので、出品するというものです。

すでに販売されている出品者さんも同じようにカテゴリ決めで悩まれた末、出品カテゴリを選ばれているはずです。なのでそれを利用させてもらいましょう!

また過去に販売履歴がある出品カテゴリを真似することで、安定した落札価格になることも、今までの経験上確実に言えますので自分で決めるより寧ろこの方法をお勧めします。

 

STEP 1 : 過去の落札商品を調べる

まずは自分が出品したいと思っている商品をオークファン検索しましょう。

買うときも売るときも オークファン

キーワードの検索方法がわからないかたや、類似商品の見つけ方がわからない方はこちらを先に読んでみてください。 

ヤフオク利用者必見! 正確なヤフオク 相場の読み方のコツ

ヤフオクカテゴリ参考商品

今回はこの出品者さんの商品を参考にしましょう。同じような商品がたくさん見つかると思いますが、より高く販売している人の商品を選ぶことがコツです。

STEP 2 : カテゴリを見つけよう

参考にしたい出品商品が見つかったら、商品タイトルをクリックしてみましょう。

以下のような画像になるはずです。

出品カテゴリ階層

上の画像に表示してある部分がこの出品者が出品した商品のカテゴリになります。

こちらで出品してみましょう。

STEP 3 : 出品してみよう

出品するカテゴリが決まれば、あとはヤフオク出品ページにてカテゴリを選ぶだけです。

オークションカテゴリ検索画面入力が終えると、このようになるはずです。

オークションカテゴリ検索結果

これでカテゴリ設定は完了です。

まとめ

結構適当に決めてしまっている人も多いヤフオクカテゴリですが、しっかりと選ぶことで落札金額にも影響してきますので、しっかりと押さえておきましょう。

CTA

おすすめコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

CHUYA MIURA

普段は物販系のシステムの開発サポートや、中小規模のネット物販事業を行っている方や企業様向けに業務効率化支援サポートなどしています。システム開発経験 楽天 ヤフオク Amazon ヤフーショッピング BUYMA メルカリ などの作業効率かツールやシステムを開発してきました。個人でも物販をやってみて、物販ビジネスのどの部分が作業的に大変なのかを経験をいかして、現在はディレクションやコンサルティングサービスをしています。 物販関係のシステムを作成したい方にはご好評いただいております。物販システムを開発したい方に向けて、各プラットフォームのツール開発経験のあるプログラマーさんの紹介や、システム仕様書のサポートなどもしていますので、ご興味のあるかたはお気軽にご相談ください。物販経験 ネット物販のシステムを希望されるクライアントさんの気持ちを理解するため、2013年に個人でも物販をはじめました。 ヤフオク Amazon 楽天 などに出品して、月商100-300万になりました。1日に150件近くの出荷も経験し、それらの経験を元に現在サイトを運営しています。このサイトでブログをかいてくれている しんくんに昨年初めに中国仕入れを教えたところ、副業としては十分な結果がでたことを受け、初心者向けに情報を公開しています。ご興味あるかたはこちらへ連絡ください。(ご連絡の際は、ご用件も一緒にご連絡ください。)メール:sales☆fieroj.com(☆をアットマークに変えてください) Chatwork: Chuya-Miura