ヤフオクで謎オプション-最低落札価格のメリット&デメリット

ヤフオク最低落札価格画像

ヤフオクには、最低落札価格というものがあります。

ヤフオクで出品をみていると、ときどきみかけると思います。こんなやつです↓

ヤフオク!最低落札価格表示

最低落札価格って何なの? なんで必要なの?と疑問を感じている方へ、今回は最低落札価格のメリットとデメリットをまとめてみました。

ヤフオクの謎オプション-最低落札価格-とは何?

ヤフオク!最低落札価格

 

最低落札価格とは、出品者がこの金額以上で入札してくれないと落札できないよ と決めた価格になります。

最低落札価格が設定されている出品に関しては、上記の画像のように” 最低落札価格に達していません。”と表示が現れます。

このような出品は最低落札価格より高く入札しないと落札できません。

試しに、最低落札価格より安い金額で入札すると

” あなたが入札した金額は、出品者が設定した最低落札価格よりも低い金額です “

と表示され、最高額入札者はなしのままかわりません。また、入札した金額が現在価格に表示されます。

*ちなみに最低落札価格はオークションが終了するまでわかりません。オークションが終了して、入札がある場合は最高入札価格が表示され、入札がない場合は最低落札価格が表示されます。ウォッチリストに登録しておくと、オークション終了後確認することができます。

サンプルケース

最低落札価格サンプルケース

開始価格 1円 最低落札価格 8000円 即決価格10000円の出品の場合どのようになるかみていきましょう。

5000円で入札すると、入札はできますが落札はできません。

8500円で入札すると、落札することができます。

なぜよく議論になるのか

この最低落札価格ですが、よくネット上で議論されているのをみます。

  • 最低落札価格を決めるぐらいなら、最初から最低落札価格を開始価格にして出品して欲しい!
  • 最低落札価格が決まっている出品は絶対に入札したくない!

などなど 大多数は否定的な意見です。

出品者から見る、ヤフオク最低落札価格

嫌われがちな最低落札価格ですが、出品者側にとっては大きなメリットもあります。

最低落札価格を設定する メリット

大きな損失を防ぐ保険として利用できる

最低落札価格メリット

ヤフオクでは本来価値の高い高額な商品でも、たまたまアクセスが少なかったため、安い金額で落札されることがよくあります。そのようなリスクを防ぐために、最低落札価格を設定している出品者も多くいます。

ヤフオクではなく、絵や骨董の専門オークションでも最低落札価格は存在します。やはり出品者の大きな損害を守るためにも必要なのでしょう。

低い金額で出品ができることから、注目を浴びやすい

ヤフオクで商品を探している人は、安い価格に並び替えて入札する人が多いといわれています。

そのため、例えば 開始価格5000円と開始価格 1円だったら、確実に開始価格1円の方がアクセスが集まります。

最低落札価格を設定しておくことで、1円出品で出品しても大きな損をだすことはないので、

高額なブランド商品などを開始価格を安くして出品することが可能になり、よりお客さんにみてもらうことができます。

商品の市場調査ができる(データ分析)

あまりこのような目的で利用されている方は多くないかと思いますが、1円から出品した場合にどのくらいまで、金額があがりそうかなど、商品の価値をデータから見たい人にもおすすめです。

最低落札価格を設定する デメリット

最低落札価格を設定するためには、108円が必要です。(設定は出品ページの有料オプション部分で設定可能です。)

また頑張って入札したのに、結果的に落札できないこともよくあるので、最低落札価格が嫌いな落札者も結構多いです。普通に出品するより落札価格が低くなることがあります。

落札者から見る、ヤフオク最低落札価格

落札者にとっては、メリットが少ないように思いますが、案外掘り出し物を見つけることができることもあります。

最低落札価格を設定する メリット

ライバルが少なめ?

ライバルが少ない

出品者のデメリットにも書きましたが、最低落札価格が決まっている出品は入札しないと決めている、利用者が多くいます。そのため、最低落札価格が設定された出品は比較的ライバルが少なくなります。

まずは自分の希望金額で思い切って、入札してみましょう。競り上げ型のオークションとはちがった、どきどき感があります。

それでダメならきっぱり諦めてしまうか、思いきって出品者に質問で最低落札価格を聞いてみましょう。出品者によっては、普通に希望金額を教えてくれることがあります。

またオークションでブランド品を出品している女性の方などは、本来の価値より大幅に安い金額で落札されるのが怖いので最低落札価格を設定されている方もいますので、質問でやり取りをすることで、希望を聞いてくれるかもしれません。

最低落札価格を設定する デメリット

やはりデメリットは、入札したのに落札ができないことでしょう。

入札できても落札できないのは非常にストレスが溜まります。最低落札金額が高そうだと感じたら、きっぱり諦めてしまいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はヤフオクの最低落札価格についてまとめてみました。

出品者にとってはメリットがありますので、興味がある方は一度使ってみることをお勧めします。

入札したい方にとってはメリットが少ないので、自分の希望金額を入力して最低落札価格に達しなかったら、きっぱり諦めることも重要です。

 

CTA

おすすめコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

CHUYA MIURA

普段は物販系のシステムの開発サポートや、中小規模のネット物販事業を行っている方や企業様向けに業務効率化支援サポートなどしています。システム開発経験 楽天 ヤフオク Amazon ヤフーショッピング BUYMA メルカリ などの作業効率かツールやシステムを開発してきました。個人でも物販をやってみて、物販ビジネスのどの部分が作業的に大変なのかを経験をいかして、現在はディレクションやコンサルティングサービスをしています。 物販関係のシステムを作成したい方にはご好評いただいております。物販システムを開発したい方に向けて、各プラットフォームのツール開発経験のあるプログラマーさんの紹介や、システム仕様書のサポートなどもしていますので、ご興味のあるかたはお気軽にご相談ください。物販経験 ネット物販のシステムを希望されるクライアントさんの気持ちを理解するため、2013年に個人でも物販をはじめました。 ヤフオク Amazon 楽天 などに出品して、月商100-300万になりました。1日に150件近くの出荷も経験し、それらの経験を元に現在サイトを運営しています。このサイトでブログをかいてくれている しんくんに昨年初めに中国仕入れを教えたところ、副業としては十分な結果がでたことを受け、初心者向けに情報を公開しています。ご興味あるかたはこちらへ連絡ください。(ご連絡の際は、ご用件も一緒にご連絡ください。)メール:sales☆fieroj.com(☆をアットマークに変えてください) Chatwork: Chuya-Miura