改訂最新版!ヤフオク支払い方法まとめ・一番手数料が安く早く届くのはこれだ!

ヤフオク支払い方法まとめ

2016年1月15日よりかんたん決済の手数料が無料になりましたので、記事の改訂を行いました。

ヤフオクで落札する時に支払い方法はどうすればいいのか、わかりにくくないですか?

「商品をできるだけ早くほしいけど、クレジットカードを持っていない!」
「手数料は安いほうがいい!」
「できればコンビニで支払いたい」

などなどできればお得に、便利に 支払いたい方の希望と疑問を一気に解決します!

ヤフオクでよく利用される支払い方法ランキング

ヤフオクの支払い方法は出品者によって変わりますが、よく利用される支払方法はだいたい決まっています。

ここでは、ヤフオクで最も使われる支払方法をランキングにしてご紹介します。

ヤフー支払い方法

1位 銀行振込 

ヤフオク銀行振り込み

ヤフオクの支払い方法で一番多いのが銀行振り込みです。
相手の銀行口座に直接現金を振り込む支払い方法です。

振り込み先の銀行は、出品者によって異なりますが、一番多いのがゆうちょ銀行です。
ゆうちょ銀行のメリットは、全国どこにでも窓口があり、さらにお互いがゆうちょ銀行の口座を持っていれば、振込手数料が無料になることです。

手数料が無料になるのは、ATMで行った場合と、ゆうちょダイレクト(インターネット)を利用した場合(月5回まで)
また、ゆうちょ銀行間の取引であれば、土日など営業時間外でも即時に振込が反映されるため、なるべく早く手に入れたい人にはオススメです。

その他にも、楽天銀行などのネット銀行や三菱住友UFJ銀行などの都市銀行も振込先としては多く、同行間の振り込みは無料の場合が多いです。
ただ、都市銀行の場合、地方都市に支店がない場合もあるため、ゆうちょ銀行に比べると扱っている出品者が少ないです。

メリットとデメリット

銀行振り込みは、ゆうちょ銀行や楽天銀行など同行間であれば振込が即時に反映され、支払がスムーズなので商品の発送を早くしてもらえるというメリットがあります。
また、銀行振込は銀行口座を持っていなくても現金で振り込むことも可能です。

現金振り込みは銀行支店などの、有人店舗のATMでのみ可能です。ATMに”振込”の文字が記載されているものが対応可能です。(コンビニATMなどは対応していません。)

一方で、デメリットもあります。出品者の口座に直接振り込むため、詐欺などトラブルが発生した時に、泣き寝入りする必要があるということです。
また、ヤフーが公表しているトラブル口座があり、確認せずにその口座に振り込んでしまった場合はヤフーの補償は受けることができません。

心配な方は入金の前にトラブル口座一覧を確認しておきましょう。こちら

2位Yahoo!かんたん決済

ヤフオクかんたん決済

2番目によく利用されるのがヤフーのかんたん決済です。かんたん決済はヤフーが仲介者となり、お金のやり取りをする方法です。全ての取引で使えるわけではなく、かんたん決済を受け付けている出品者の出品にのみ使うことができます。

コンビニ決済が利用できるコンビニ
・ローソン
・ミニストップ
・ファミリーマート
・サークルKサンクス
・セイコーマート
・デイリーヤマザキ
・スリーエフ

メリットとデメリット

かんたん決済のメリットは、まず何と言っても安全性です。
ヤフーが間に入るためトラブル口座の対象口座には振り込まれないようになっています。

また、クレジットカードで決済、コンビニ決済やTポイント支払いなど様々な支払方法から選択できることもメリットです。
クレジットカードで支払いたい人や、逆にクレジットカードや口座を持っていない場合もコンビニ決済で24時間コンビニから支払いできるので便利です。

2016年1月15日よりかんたん決済の手数料が無料になりました!

Yahoo!かんたん決済公式サイト

デメリットとして、これまで手数料があったのですが、2016年1月15日よりかんたん決済の手数料が無料になり、かなりおすすめできる支払い方法になります。

手数料の詳細は金額や支払い方法によって変わるので、以下を参考にして下さい。(2016年1月15日以降の最新版手数料)

11

ただ1点 デメリットとしては、出品者によっては かんたん決済でヤフーから出品者の口座へ着金してから発送することがあるので、着金まで時間がかかり発送が他の支払い方法より遅くなってしまう場合があるので、急いでいる場合は出品者に一度確認してから支払い方法を選択しましょう。

3位 代引き

ヤフオク代引き

3番目に多い支払方法が商品受け取り時の代金引換、いわゆる代引きです。こちらは個人出品よりもストア出品に多いです。

メリットとデメリット

代引きのメリットは、商品受取時に代金を支払うので、商品が送られてこないという心配がありません。
ただ、代引きでも箱の中身を確認してから支払うことはできませんので、詐欺の可能性を完全に排除できるというわけではありません。

また、代引きの場合、振込など送金の手間がかからず、クレジットカードをインターネット上で登録する必要もないというメリットがあります。
ただこちらについては、ヤフーかんたん決済でコンビニ支払いが可能になったので、代引き自体の利用はこれから少なくなるかもしれません。

デメリットは、手数料が高いことです。代引き手数料+配送業者の送金手数料がかかります。
例えば、ゆうパックの場合、代引き手数料は250円ですが、送金手数料は金額や方法により120円~735円、さらに3万円を超える商品の場合は印紙代が200円(金額によりさらにかかる場合も)を送料とは別に負担することになります。

 

その他の方法

基本的にはここまでご紹介した3つがオススメのお支払方法ですが、その他にも、出品者によっては以下の支払い方法を受け付けている場合があります。

現金書留

現金書留で支払うという方法もあります。
封筒に代金を入れて現金書留の郵便で出品者に郵送して、相手が受け取ってから発送してもらうという方法です。

1万円以内であれば、代金550円+21円の封筒代で送ることができるため、代引きよりは割安です。

しかし、この現金書留は封筒の中に入れた金額の証明ができず、受け取った時に金額が間違っていたとトラブルになることがあるため、できれば避けたほうがよいでしょう。

切手

小額の商品の場合、切手での支払いを受け付けている出品者もいます。

使わない切手がたくさんある場合はつかえます。その場合、落札後に出品者に切手を郵送して、相手が受け取ってから発送することになるので少し時間がかかります。

現金ではないのでミニレターを使えば60円で送付することができますが、補償がないため配送中紛失の可能性はあります。

また、切手は何円でもよいわけではなく「10円以上10円単位しか受け付けない」や「額面の9割で計算します。」などルールがあることも多いので、事前にしっかり確認しておく必要があります。

手渡し

手渡しという方法もあります。出品者と落札者がたまたま近くで、ある程度評価もあり信頼できそうな人の場合手渡しで商品と代金の受け渡しをする場合があります。私も実際に出品者側、落札者側で体験しています。メリットは、送料や手数料がかからないことです。

注意! Yahoo!ウォレットは利用できない

ヤフーが提供しているYahoo!ウォレットはヤフオクでは使えないので要注意です。

クレジットカードを使いたい場合や、ヤフーを通して代金のやり取りをしたい場合はかんたん決済を利用します。

入札する商品はどの支払い方法に対応していますか?

 

ヤフオクの支払い方法をご紹介しましたが、全ての取引でこれらの支払方法が利用できるわけではありません。

利用できる支払方法は出品者や出品されている商品ごとに異なります。

落札後に、支払いしたい方法を受け付けていなかったために「余計な手数料を支払って高くついた!」ということがないように、事前にきちんと確認してから入札しましょう。

出品ページでの確認方法

出品者が受け付けている支払い方法は出品画面で確認できます。

商品説明の下に「支払い、配送」の欄があります。そこに受付できる支払い方法が記載されています。振込できる銀行口座もここで確認することができます。

ヤフー支払い画像

Q&Aヤフオク支払い方法の疑問にお答え!

ヤフオク出品手数料の質問と解答

Q: 一番安全な支払い方法は?

A: 一番安全な支払い方法はかんたん決済です。ヤフーが支払いを仲介してくれるため、トラブルが多発しているとヤフーが把握している口座の場合、送金を中止してくれます。

詐欺を行う出品者はかんたん決済を避ける傾向にあります。

また、ヤフーのシステムに支払いの手続きが記録されるため、万が一の場合のお見舞金(補償金)の支払いが受けやすいです。

代引きも商品と引き換えという点では、安心ですが中身を確認せずに支払わなければならないので、手数料の高さも考えるとかんたん決済のほうがオススメです。

Q: クレジットカードがつかえるのは?

A: かんたん決済です。Yahoo! JAPANカードを使えば手数料が無料です。

Q: 一番手数料が安い支払い方法は?

A:ジャパンネット銀行口座かヤフーかんたん決済(2016年1月15日より)を使うと手数料が無料です。

また 支払先と同じ銀行口座への振込も手数料が無料の場合が多く安いです。

■手数料・同行間基本無料になる銀行

ゆうちょ銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
新生銀行
ソニー銀行

 

Q: 一番早く出荷してくれるのは?

かんたん決済です。リアルタイムで決済完了情報が出品者にメールで送られるため早く対応してくれる出品者がほとんどです。

まれに、かんたん決済では、出品者口座へ着金するまで発送をしないという場合もあります。

その場合は、ゆうちょ銀行や楽天銀行など、同行間であれば営業時間に関係なくリアルタイムに口座に着金する銀行を利用すれば、入金確認が早い分、出荷が早くなります。

Q: クレジットカードも:銀行口座を持っていない!コンビニで支払うには?

かんたん決済はコンビニ支払いが可能です。

まとめ銀行振込かかんたん決済がオススメ!

いかがでしたでしょうか?今回はヤフオクでの支払い方法についてまとめてみました。

ヤフオクでの支払いは銀行振込かかんたん決済がオススメです。

特に銀行振込は同行間であれば手数料もかからず、即時反映される銀行であれば発送も早くしてもらえます。

かんたん決済はクレジットカードで支払いたい場合や、カードも銀行口座もない場合のコンビニ支払い、Tポイントでの支払いなど、ほぼすべての決済サービスに対応しています。

支払い方法を選ぶ際は、便利性と安全性だけでなく手数料も確認しましょう。

折角安い買い物でも、手数料を支払ったら高い買い物だった!ということにならないように、入札前にしっかりと確認してあなたに最適な支払方法を選んでくださいね!

CTA

副業始めてみませんか。

元ホストのフリーターが月に60万円稼げるようになった、
ネット物販ビジネスとは?

スキル・経験なくても、小資金で始められるネットビジネスが無料で学べます。