中国輸入商品をヤフオクに出品しよう 出品手順記載

ヤフオク出品

今回は中国から届いた商品をヤフオクへ出品していきましょう。

ヤフオクではじめて出品される方は是非参考にしてみてください。選択項目などもおすすめ設定も記載しましたので、この記事通り真似するだけで出品できます。

ヤフオクの出品では

1:商品画像撮影

2:商品文章作成

の大きくわけて2つの作業がありますので、それぞれ流れを書いてみました。

1:商品画像を撮影する。

まずは販売する商品の画像を撮影しましょう。

明るいところで撮影できれば十分ですが、どのように撮影したらいいかわからない人は、こちらを参考にしてみてください.

関連 : 商品撮影 売れる画像を撮るために抑えておきたい3つのコツ

出品になれてきたら、撮影キットを準備して、是非綺麗な写真を撮ってみましょう。

関連 : 予算別 商品撮影に必要な機材まとめ 初心者〜中級者向け

2:商品を出品しよう

次は実際にヤフオクに出品してみましょう。

ヤフオク にアクセス後、右上の “出品” をクリックします。

カテゴリ選択

カテゴリを決定

最初にカテゴリを決めましょう。カテゴリで落札金額も変わってくるので、慎重に決めてください。

関連:3ステップ ヤフオク 高く落札される出品カテゴリの決め方

 

カテゴリを決めたら、次は商品詳細画面になります。

ヤフオク タイトル

タイトルを入れる

商品のタイトルをいれましょう!上限が30文字ですので、上限いっぱい埋めます。

関連:ヤフオク初心者必見!高く落札されるタイトルのつけ方

商品説明を入力

商品の詳細

対応発送方法

対応支払い方法

については必ず書きましょう。直接入力するより、出品テンプレートを利用するほうが簡単に綺麗にできます。

関連: 厳選無料 ! 便利すぎる ヤフオク出品テンプレートまとめ

販売形式を決める

1円出品をする人は、オークション形式で出品

即決出品をされる方は、定額で出品

出品金額を決める

出品金額を入力します。いくらで販売すればいいのかわからない方、出品する商品がどのくらいで落札されるかの目安が把握できてない方は、こちらを参考にしてみてください。

関連:ヤフオク利用者必見! 正確なヤフオク 相場の読み方のコツ

開催期間

こちらは即決出品の場合は2-3日がおすすめです。

オークション出品の場合は少し長めにとって、夜11:00-12:00ぐらいを終了時間しましょう。

オークション支払い方法

決済方法

対応する決済方法を入力しましょう。ヤフオク簡単決済は対応しておくと、落札率が上がります。

画像を選択

さきほど準備した画像を3つ選択しましょう。

各種設定

オークション落札制限

上記項目に関しては、おすすめ設定を載せています。わからない人はとりあえず真似してみてください。

入札者評価制限

これは両方ともチェックを入れたほうがいいかと思います。いたずら落札などを防ぐ効果があります。

入札者認証制限

より信頼のできる落札者としかやりとりをしたい方は、チェックを入れてください。

自動延長

オークション出品をされる方は必ずチェックいれてください。チェックを外すと、落札時間直前の競り合いがなくなってしまうため、相場価格での落札が難しくなります。

早期終了

途中で出品の取り消しをしたくなることもあるので、こちらもチェック入れておきましょう。

自動再出品

こちらは3回で設定しておけば、okです。

オークション各種設定

上記内容については、特に設定しなくて大丈夫でs。

注目のオークションについても、出品してからアクセスや入札がなかったら利用すればいいので、

ここでは何も入力せず確認画面に進みましょう。

お疲れ様でした。これで出品完了です。

ヤフオク出品完了

まとめ

最初のうちは1商品出品するのに数時間かかるかもしれませんが、慣れてくると10分程度で

出品できるようになりますので。経験を積んでいきましょう。

CTA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年3月 ・物販を始める

5月 ・プロに教わるも赤字で二ヶ月でやめてしまう​

8月 ・自分で物販をやるが五ヶ月間赤字が続く​

12月 ・試行錯誤を繰り返し、10万円を稼げるようになる​

2014年1月 ・物販の生徒さん第一号ができる​

2月 ・生徒さん第一号の稼ぎはプラマイゼロ​ (生徒さん第一号は、現在毎月25万円ほど稼いでいる)

6月 ・15万円を稼げるようになる​  

7月 ・生徒さんが五人に増える​  
 
12月 ・20万円を稼げるようになる​

2015年1月 ・レベルを高めるため、物販の会社に就職​
   
12月 ・スキルを身に付け退社し、再び物販に力を入れる​

2016年10月 ・純利益66万円を稼ぐ

2017年10月 ・純利益74万円を稼ぐ