最終回 プログラムの今後〜マネタイズ 収益化の流れ

プロジェクト完成

今回で最終回になります。

これまで13回も長い間、お付き合いありがとうございました。

最終回は、作成したプログラムの今後とマネタイズ(収益化)の流れのお話をしたいと思います。

プログラムの今後

できるだけ早く使い倒す

前回も記載しましたが、作成したプログラムはできるだけ早く使い倒しましょう。

早く不具合などを見つけてあげるとプログラマーさんも対応しやすいです。

追加実装をしてみよう

追加依頼

使っているともっとこんな機能があったらいいのに… など、現在のシステムの不満点が多々出てくるかと思います。

予算と比較しながら、より便利になる機能はどんどん追加実装してみましょう。プログラマーさんにこういう機能は追加可能ですか? ということもありだと思います。

マネタイズ化(作ったシステム・サービスを売ってみよう)

マネタイズ化

ご自身で作ったシステムをサービスとして売り出していくこともできます。毎月1万円などの利用料を取ることでの固定収入になっていきますので、本業とは別にキャッシュポイントを持つことができるのも魅力です。

最終的に本業より、サービス利用料収入の方が多くなった方も知り合いにいますのでいいサービスができたら、ぜひ一般に開放していくことも視野に入れていきましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

自分の記事を読んでもらって、実際に理想のシステムを作成する助けになれば幸いです。

システム作成で困ったら、お気軽にコメントやチャットワークでご連絡ください。

CTA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年3月 ・物販を始める

5月 ・プロに教わるも赤字で二ヶ月でやめてしまう​

8月 ・自分で物販をやるが五ヶ月間赤字が続く​

12月 ・試行錯誤を繰り返し、10万円を稼げるようになる​

2014年1月 ・物販の生徒さん第一号ができる​

2月 ・生徒さん第一号の稼ぎはプラマイゼロ​ (生徒さん第一号は、現在毎月25万円ほど稼いでいる)

6月 ・15万円を稼げるようになる​  

7月 ・生徒さんが五人に増える​  
 
12月 ・20万円を稼げるようになる​

2015年1月 ・レベルを高めるため、物販の会社に就職​
   
12月 ・スキルを身に付け退社し、再び物販に力を入れる​

2016年10月 ・純利益66万円を稼ぐ

2017年10月 ・純利益74万円を稼ぐ