物販月商100万への道のり8 – 落札・今後について –

先日ブログで書いた商品 自撮り棒ですが、1週間ほどで

1650円(送料別)にて落札されました。

仕入れ値が国際送料等足して700円ほどでしたので、800円ぐらいの利益

がでました!

 

この商品は今誰が仕入れても利益でる気がするので(販売方法の工夫は必要です)試しに販売してみるのは手ですね。

 

LASTCALL-LABOで最初に売れたのはわすれちゃいましたが 笑

はじめたころは注文1件1件にすごく感動していました。

売れるという感覚を身につけることはとても大切です。

最初は売れ筋で価格競争になっててもいいので、とにかく売ってみるということが重要です。

売ってみると案外簡単だということがわかったり、モチベーションを維持するにもとても重要だと感じています。

 

またヤフオクを始めたばかりの方は、評価がほとんどない状態かと思います。

この状態ではだれも購入してくれないので、最初は評価集めが肝心です。

丁寧に顧客対応をし、評価をもらっていきましょう。

 

評価が20-30ほどなったころから、注文の流れがよくなってくると思います。

 

では売れることがわかってきたので、本題の月商100万円への道のりを再確認しましょう、今回販売した自撮り棒のような商品の取り扱いを増やしていくという結構当たり前の流れになります。

では次回お楽しみに

 

 

CTA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年3月 ・物販を始める

5月 ・プロに教わるも赤字で二ヶ月でやめてしまう​

8月 ・自分で物販をやるが五ヶ月間赤字が続く​

12月 ・試行錯誤を繰り返し、10万円を稼げるようになる​

2014年1月 ・物販の生徒さん第一号ができる​

2月 ・生徒さん第一号の稼ぎはプラマイゼロ​ (生徒さん第一号は、現在毎月25万円ほど稼いでいる)

6月 ・15万円を稼げるようになる​  

7月 ・生徒さんが五人に増える​  
 
12月 ・20万円を稼げるようになる​

2015年1月 ・レベルを高めるため、物販の会社に就職​
   
12月 ・スキルを身に付け退社し、再び物販に力を入れる​

2016年10月 ・純利益66万円を稼ぐ

2017年10月 ・純利益74万円を稼ぐ